古き京都と新しき京都とを巡る

  • Posted on
  • Category : プライベートの出来事 雑談

こんにちは!奥沢と緑が丘と自由が丘の間にある”1対1のマンツーマン対応で美髪へ導く”パーソナルヘアサロン Pelodiasの嶋田 篤士です!

 

京都に行ってきました


2019年現在、「日本の首都は?」と問われれば、世界中の人が「東京」と答えると思います

しかし、東京は今も事実上の首都であり、日本の本当の都は今も昔も「京都」なんです

徳川家康により1603年に江戸が始まり、1868年に東京になり、2019年の現在に繋がります

首都としての東京の歴史は416年目になりますが、京都は794年から1603年まで(あるいは現在まで)の長いながい歴史があります

都を移す「遷都の詔」が出ていないことから、今も天皇家は江戸へ長期出張中ともいえ、今も玉座は京都御所に置かれているのも事実です

明治天皇、大正天皇、昭和天皇の即位の礼は玉座のある京都御所で行われましたが、今上天皇は警備上の理由から東京の皇居にヘリで玉座を運び、即位の礼を行いました

平成も残り4ヶ月を切りましたが、即位の礼は何処で行われるのでしょうか?

あー、前フリが長く(京の歴史くらい)なりましたが、年始から京都へ行って参りました!

「嵐山に到着のポーズ」

 

概念をぶち破る「鮎丼」


嵐山の竹林を抜け、人影もなくなるほど奥まったところに歴史保存地区があります

奥まるほどに空気が変わり、、

「な、なんか大丈夫なのか…?二度と戻れなくなったりしないよね…?」

と霊的な雰囲気に襲われるほど、人気がありません

はじめてこちらの鮎丼を食べに連れてきて頂いた時、正直こう思ってました

「鮎丼、、?鮎でご飯が進む感じがしなーい!全然そそられなーい!」

 

実際に鮎の甘露煮がドーンと乗っているだけです

鮎の甘露煮でご飯が進むと思いますか?

進むんです!お代わりが欲しくなるほどにぃぃ!

添え物の「ふき」ですら、ぼくの中での「ふき」の概念の外側です

こちらの鮎丼で、食の概念が一皮剥けました!

 

26年ぶりの勢揃い


蓮華王院本堂、またの名を三十三間堂

1165年に後白河上皇が平清盛に命じ、建設されました

1001体の千手観音が立ち並ぶ様は、まさに「圧巻」としか言いようがありません

中央に鎮座する中尊千手観音坐像の前から、動けなくなりました(引力がすごい)

 

いま安倍首相が「国家の威信をかけて1001体の仏像をですね、速やかに創建することで成長戦略の柱とする考えであります」

と、言っても誰一人として票を入れないでしょう

でも、850年前の日本のトップはやり遂げてしまいます(どれだけの権力だったのでしょう、どんだけ〜!)

そして未だに世界中のどこを見渡しても、三十三間堂に並ぶ場所はありません

これからも無いでしょう

 

ちなみにいま現在、全国の博物館などに寄託している分や、修復作業の分が戻り、じつに26年ぶりに1001体すべてがそろった状態とのこと

「中の写真はNGでーすのポーズ」

 

時空の旅


このように京都では歴史の浅い東京では考えられないほどに、教科書に載っている歴史上の偉人の名がポンポンでてきます

京都には古い歴史があるのです、日本のどこよりも

そんな古き京都で、あえて新しい話題の店を訪ねて「新しきを知ろう」というのが今回の旅のテーマです!

新しき京都編は次回に続きます^^

(ほぼ食べ物なんですが、、、)

 

 

 

 

 

ぜひFaceBookでフォローしてください!