「世界のプラスチックストロー禁止」と「東京都と横浜市のゴミ分別」

  • Posted on
  • Category : コラム 雑談

こんにちは!奥沢から世界を見据えるパーソナルヘアサロン Pelodiasの嶋田 篤士です!

 

プラスチックストロー禁止


ハリウッドスターや名だたるセレブリティが美しい海岸沿いに居を構えることから「億万長者のビーチ」として知られるマリブビーチ。

マリブ市は2018年6月1日より飲食店でのプラスチック製ストローの提供を全面的に禁止しました。

砂浜のゴミ散乱や、海洋汚染などの問題によるものです。

2016年のダボス会議では、少なくとも毎年800万トンの海洋プラスチックゴミやマイクロプラスチックが流出していると推定されています。

イルカの胃からビニール袋が出てきたり、ウミガメの鼻にストローが刺さっていたり、マイクロプラスチックは魚の胃袋から検出されたり、巡りめぐって人間の健康への影響も危惧されます。

 

・シアトルでは2018年7月1日よりプラスチックストローの提供禁止

・台湾ではコップ・レジ袋を含む、使い捨てプラスチック製品を2030年までに段階的に全面禁止

・インドでは2022年までに全土で使い捨てプラスチックを全廃宣言

・EUでは使い捨てプラスチック製品の禁止を2021年にスタートし、2030年にはプラスチック容器・包装をゼロにする計画を発表。

・それに先がけ、イギリスでは2019年から使い捨てプラスチック製品の販売を禁止。

先日5月23日、ブルックリンのラファエル・エスピナル議員はNY市議会に使い捨てストロー禁止の法案を提出し、こう述べました。

「すべてのニューヨーカーはプラスチックストローが必要ないことを理解すべきだ」

 

こういった地域のスターバックスやマクドナルドは、早くも紙製ストローへの切り替えが始まっています。

プラスチックが自然分解されるのに約400年もの期間を要すのに対し、紙は1ヶ月ほど。

しかし、高コストがネックとされます。

 

Pelodiasではドリンクサービスに、使い捨てプラスチックを使用しています。

さて、この世界の潮流に対し、どうあるべきでしょうか?

 

横浜市と東京都のゴミ処理


横浜市は2003年に策定した「横浜G30プラン」(G30→ゴミを30%削減に、従来「5分別7品目」だったゴミ分別を2倍の「10分別15品目」へと改革する要項を盛り込みました。

ぼくは横浜で生まれ育ったので、その時のことをよく覚えていますが、これを境に、家庭のゴミ出しが一気に厳しくなり、実家ではキッチンのゴミ箱が分別のために6個に増えたのです。

特に大変なのがプラスチックで、燃やすゴミではなく「プラスチック製容器包装」として、分別をします。

惣菜などのフードトレイは食後に洗い流し、レジ袋や包装まで剥がし、別でまとめなければなりません。

ちょっとでも分別できていないと、ゴミを持っていってくれないのです。

ほんと大変。

一方で、世田谷区ではプラスチックは可燃ゴミに含まれます。

コンビニやファストフードでのゴミは、まとめてポイ!

東京と横浜、この違いは何なんでしょうか?

 

プラスチックを燃やすべきか?


「プラスチックを燃やす」というと、ダイオキシンや有害ガスが発生するイメージはありませんか?

じつは800℃ 以上で燃やすとダイオキシンの発生を抑えることができるのです。

焼却炉を高温に保ち、燃やし続けるためには「一定量のゴミ」が必要になってきます。

水分の多い生ゴミばかりだと、炉の温度がなかなか上がらないので、石油でできたプラスチックが含まれていた方が燃焼効率が良いのは事実。

このあたり、プラスチックゴミへの考え方が大きく2つに分かれています。

 

東京都はプラスチックゴミを、ダイオキシンを抑えた上でガンガン燃やし、それで発電し売ることでコストを削減する。

横浜市はプラスチックゴミを、できるだけリサイクルしてゴミそのものを削減していく。

 

「リサイクル」というと聞こえは良いですが、不溶物の処理や汚れを洗い落とす水の量や処理、そのコスト(金銭、環境)を考えると、悩ましいところでもあります。

プラスチックは燃やすべき?どう考えますか?

 

Pelodiasのストローは?


さて、ここまでプラスチックについて考えたうえで、Pelodiasのストローはどうするべきでしょうか?

奥沢はマリブとは異なりビーチではないため、ポイ捨てによる海洋汚染は考えられません。

Pelodiasでのプラスチックゴミは、そのすべてが焼却炉へいくはず。

そして可燃ゴミにプラスチックゴミが含まれることで、炉の温度キープや発電へ一役買うのです。

ということで各国のプラスチック容器禁止と、Pelodiasのプラスチック容器使用では問題の本質が異なると考えます。

よって、Pelodiasのストローはプラスチックを継続して参る所存を表明し、これにて一件落着とさせて頂きます。

よぉー!ちゃちゃちゃっ!ちゃちゃちゃっ!ちゃちゃちゃっちゃ!

ご静聴ありがとうございました。

 

 

 

ちなみにPelodiasが海沿いだったら、プラスチック容器を全廃しているでしょう。

日本全国、世界中のビーチシティの飲食店様、言われる前にやるのが粋ですよ。

これはプラスチックに限らずですが。

 

 

 

 

 

ぜひFaceBookでフォローしてください!