2019年「美容業界のイノベーション4選」の振り返り

  • Posted on
  • Category : コラム

こんにちは!奥沢と緑が丘と自由が丘の間にある”完全個室でのマンツーマン対応で美髪へ導く”パーソナル美容室 Pelodiasの嶋田 篤士です!

 

2019年 仕事納め


2019年の12月は中頃で予約が満席となりました

お問合せを頂いたにも関わらず、お断りになってしまったお客様、大変申し訳ありませんでした

最近、思うことですが「稼げる仕事」と「好きな仕事」を両立させるのは簡単なことではありません

「求められること」と「やりたいこと」にズレがあるからです

こういった事で葛藤する人は多いことと存じます

そんな中、本当にぼくは恵まれていると感謝します

やりたいことだけをやって、それを求められ評価して頂ける

ぼくなんぞにこんなにも需要があること、有り難き幸せです

お客様、いつもありがとうございます

 

さて、今年も2019年のイノベーティブだったプロダクトを振り返ってみます!

 

4位 「ELEVATE 9F」デミコスメティクス


「イメージしてるようにカタチが作れない…」

「昼過ぎにはペタッとしてしまう…」

「いかにもセットしてキメてる感じにはなりたくない…」

このELEVATE 9Fはメンズスタイリングの上記3つの悩みを鮮やかに解決します

ジェルとワックスがミックスされたジェルワックスで、伸びが良くセットがしやすく、ほどよいツヤでカッコ良くなり、ベタつき少なく固まり1日中キープします

エレベーターのように9F、10F、13Fとラインナップされますが、ぼくは9Fをこよなく愛しております

「上へ参ります」

あなたも、ぜひ

 

3位 「イオンヘアシャンプーH」ALPSION


10月のとある日、美容ディーラーさんとの週1ミーティングで、なんてことなく渡された1包のサンプルサッシェ

サンプルを頂くことは年に30回はあることなので、その日もいつものように特に期待もせず自宅で試しました

シャンプーを手に取り、髪へ泡立てた瞬間、ぼくは「メーカーさんにお会いしたい」とアポイントを取ることを決めたのです

後日お越し頂いたメーカーさんは言いました

「一般の女性にどんなシャンプーがいいか調査すると”しっとりサラサラ”とおっしゃいます」

「しかしメーカーとしては”しっとり”と”サラサラ”は真逆の概念なんです」

「そのバランスを徹底的に突き詰めたのがイオンヘアシャンプーHです」

 

確かに剛毛も軟毛もクセ毛もダメージ毛も、みーんな「しっとりサラサラ」になります

なめらかで、軽くて、ツヤが出て、まとまって、、サラサラ

未だかつてのシャンプーでベストですね

個人的な予想ですが、国内のシャンプー製造工場にイノベーションが起きたと考えておりまして、もしかすると2020年はアミノ酸シャンプーYearになるのではないかと思ってます

 

2位 「レプロナイザー4DPlus」リュミエリーナ


新幹線、タクシー、ファストパス、家事代行、優先レーン、、

時間を買える選択肢はじつに様々な場面で訪れます

そのひとつがドライヤーです

このレプロナイザー4DPlusは驚くほどの風量であっという間に髪が乾きます

ミディアムの方で1日あたり約4分の時短になりますので、年換算するとなんと「24時間」

レプロナイザー4DPlusを日々使うだけで1年に「1日」の時間が生まれるのです

しかも3DPlusに比べ「12℃」の低温に成功してます

時間が生まれ、髪がキレイになり、自信をも生みだす

2019年、ドライヤーの最高峰は、ファストパスでもあるのです

 

1位 「スリムバランサー」ARIMINO


遡ること3年ほど前から日本でも製品化が始まった酸熱トリートメント

当時はまだ3〜4社しか製造しておらず、そのほとんどを実際にテストを重ねましたがデメリットの方が多く、Pelodiasで使えるような物ではありませんでした

あれから3年、ここまで進化するものかと目を見張りますね

何より酸化剤なしでフィニッシュしても無臭なことに唸らされます

素晴らしい

Pelodiasでもメニュー化を検討しておりますので、お楽しみに!

こちらのパヤつく拡がる毛が↓

 

サラーん!

これはストレートアイロンで仕上がった状態ですが、ご自宅に帰っても次の日から扱いやすい状態が続きます

 

 

2020年のマニフェスト


こちらも毎年恒例で2020年のお客様への約束を掲げます

 

1.時間濃度を高めます

いま、あらゆる業界で可処分時間の奪い合いが熾烈化しています

寝て起きて、ご飯食べて、お仕事して、お風呂入って。

これ以外の自由に使える時間を「可処分時間」といいますが、総務省『社会生活基本調査』(https://www.stat.go.jp/data/shakai/2016/pdf/gaiyou2.pdf) によりますと日本人の可処分時間は1日あたり「4.3時間」とのこと

この「4.3時間」をFacebookやInstagramやAppleやNetflixやDisneyやPokemon Goやモンストやパズドラやテレビや恋人との電話や友人とのLINEや勉強や読書や何やらかんやらが奪い合っているわけです

そして、ここPelodiasはマンツーマンの技術とサービス、そのクオリティに情熱を注いでいるゆえに時間がかかってしまいます

お客様の貴重な可処分時間を奪ってしまっております、申し訳ありません

 

話しが飛びますが、ぼくは毎朝タオルをたたみます

これは誰にでもできる雑務なので正直、つまらない作業でした

しかし、その隙間時間にYouTubeやニュースを聞きながらタオルたたみをすることで、あらなんと一石二鳥!

さらにスクワットをすることで、あらあらなんと一石三鳥!!!

ただ流れる時間の濃度を3倍にすることができたのです

なのでお客様にもPelodiasで過ごす時間の濃度を濃ゆ〜くして頂きたい

「髪がキレイになる」「Netflixが観れる」「マッサージ器具で癒される」「美味しいドリンクが飲める」

これらで一石四鳥です

 

Pelodiasのホームページトップに生意気にも掲げてありますが

「ただ髪を切るだけの美容室とは一線を引かせて頂いております」

2020年は二線くらい引かせて頂いちゃおうかな♪

 

2.質の高い発信をします

先日の「経皮毒なんて存在しない」ブログもそうですが、プロですら正しい知識を提供できていない今日この頃です

「歩くGoogle」とあだ名を付けられるこの知識とリテラシーを活かして、有益な情報をお届けします

また、Instagramの写真のクオリティ、動画での発信、ストーリー1枚のデザイン性と情緒

この全ての質を磨き、高め、継続的に発信させて頂きます

今年はぼくの中で「動画元年」が訪れましたね(観るのも撮るのも発するのも)

 

3.毎日「0.01%」の成長

昨日の自分より「0.01%」で良いので成長をする

明日も今日の自分より「0.01%」で良いので成長をする

すると1年後には「120%」の自分になれるのです

これを複利といい、かのアインシュタインは「人類最大の発明」「宇宙で最も偉大な力」といいました

ぼくは23歳の時にこれに気づき、昨日の自分に「0.01%」を足し続けてきました

当時、無職で実家暮らしだったぼくは何もなかった、思えば遠くへ来たものです

今のぼくには、家族とPelodiasとたくさんのお客様があって

それが素晴らしいエンジンとなるのです

2020年も振り返らず前へ進みます

 

皆様、良いお年を!

 

ちなみ去年ver.はこちら↓

2018年「美容業界のイノベーション4選」を振り返る

 

 

 

 

ぜひFaceBookでフォローしてください!