ヘアドネーションカットについて

  • Posted on
  • Category : お店について お知らせ

【ヘアドネーションカットについて】

 

Pelodiasはヘアドネーション賛同サロンとして、JHD&Cに登録されています

 

ヘアドネーションとは?


頭皮・髪に関わる病気で髪の毛を失い、ウィッグを必要としている子供に、医療用ウィッグの原料となる髪の毛を寄付することです。

JHD&C(ジャーダック)は日本で初めて「髪の寄付」と「医療用ウィッグを届ける」活動を行なっているNPO法人です

↓ぜひJHD&CのWebサイトもご覧になってください

JHD&Cオフィシャル

 

 

ヘアドネーションカット


ヘアドネーションカットはバッサリと髪の長さを切ることから、美容師側の技術力、経験、カウンセリング力が求められます。

それゆえヘアドネーションの活動が拡まる一方で、事前のカウンセリング不足などにより、カット後の仕上がりイメージが違ったなどのトラブルも報告されています。

Pelodiasは貸切空間でのマンツーマン対応ということで、事前のカウンセリングをしっかりとさせて頂けます。

また、その後の髪の扱いがラクになるよう、乾かすだけでまとまるヘアをご提案します。

 

「ヘアドネーションカット」 ¥11000-(税抜)

 

通常のカットに加え、カウンセリング時間、毛束のカット、ドナーシート記入、受領書手配、往復の送料が含まれます。

ただし通常カットとの差額分 ¥1000- は JHD&C の活動資金として寄付させて頂きます。

(寄付の1000円分は現金のご用意をお願い致します)

 

よくある質問


「31cmに満たなくても寄付できますか?」

はい、医療用ウィッグに直接使用されるのは30.48cmからですが、それに満たなくても毛束販売などにより活動資金となり、間接的な制作支援となります。

 

「パーマやカラーで痛んでいますが大丈夫ですか?」

最近は毛髪処理技術も発達しているようで、引っ張るだけで切れてしまうほどの状態でなければ寄付が可能です。

また、ヘアドネーションのためにカラーをしたり、縮毛矯正などでストレートヘアにする必要もありません。

 

「男でも寄付できますか?」

はい、ヘアドネーションは老若男女問わず、どなたでも参加できるボランティアです。

 

 

ご予約方法


LINEやMail、Web予約よりご予約ください。

Web予約では「ヘアドネーションカット+カラー」などの項目の用意がありませんので、通常の「カット+カラー+髪質改善」や「カット+パーマ+髪質改善」などをご予約ください。

できれば別途、ヘアドネーションの旨お知らせ頂けると幸いです。(多めに時間を取れるので)

 

ヘアドネーション事例


いままでのヘアドネーション事例になります。

写真掲載の許可を頂いた一部のお客様です。

写真掲載の許可がなくても、当日のお写真を撮影し、お渡しすることはもちろん可能です。

 

バッサリ!ショートで45cmの寄付!

カット+カラー+パーマでまるで別人!?

幸せの髪の毛をおすそ分けしたい!

 

お預かりした髪の行方「自分で送りたい方へのHow to」

 

 

ヘアドネーションのために時間と手間をかけて、髪を伸ばされる方もいらっしゃいます。

その想いが、誰かに届きますように!

なによりも「心を込めて」切らせて頂きます!

 

 

 

ぜひFaceBookでフォローしてください!