【本日のお客様】加齢による髪のパサつきとクセをショートカットで解決!

  • Posted on
  • Category : コラム 施術事例

こんにちは!奥沢と緑が丘と自由が丘の間にある”完全個室でのマンツーマン対応で美髪へ導く”パーソナル美容室 Pelodiasの嶋田 篤士です!

 

加齢による髪の変化


本日のお客様は初めてお越し頂いた方です

「2〜3年前から年齢のせいか、髪質が変わってパサパサしたり、うねりが強くなってきました」

これはですね、全国の40〜50代女性が直面するお悩みでして、ホルモンや血流、栄養などの影響で髪質が変化してしまうのです

さらに「湿気があると髪が拡がったり、うねりが強くなったりします…」とのこと

さらにさらに「白髪も増える一方なので自宅でカラートリートメントをしてますが、どうしていいのか分かりません」「できれば染めるよりは活かしたい」と打ち明けてくださいました

ありがとうございます。お悩みが多いほど、難しいほど、燃えます!

 

パサつき拡がりを解決


まず問題点を整理しましょう

大きく3つ「加齢によるパサつき」「湿気による拡がり」「白髪を活かす」に分けることができます

加齢毛への対策としてはシマダ式ヘッドマッサージや毛髪ミネラル検査による栄養改善などのアプローチもお話しさせて頂きました

湿気による拡がりも3つの解決策があり、詳しくは過去ブログを参考にして頂ければと思います

 

さて、じつは「加齢によるパサつき」と「湿気による拡がり」を同時に解決できるメニューがPelodiasにはあります

工程は縮毛矯正と同じことをするのですが、矯正剤ではなく特殊なトリートメントを使用します

それによりダメージがなく、パサつきがなくなり、湿気による拡がりを抑え、クセやうねりを弱めることができます

それが「アイロントリートメント」です

今回、デジタルパーマをご予約頂いてましたが、アイロントリートメントに変更することにしました

 

白髪を活かすカット


残った問題点は「白髪をどう活かすか?」です

こちらのお客様は全体的にまんべんなく白髪が散っているので、完全に染めてしまわず薄染まりでも活かすことができると思いました

その名も「ハイライトを入れてる風にみせる作戦」です

 

これは「カットで解決しようと思います」とお伝えしたら「スゴい!さすが!」と言って頂きました

てへへ

まず気になるのは後ろのエリが長く重たいことです

ここはシュッとスッキリしましょう!

そして前髪が無く、分け目バッチリなことにより毛流れで白髪の浅染まりが目立ってしまいます

ここは前髪を少し作り、放射状に毛流れを分散することで目立たなくし、活かしましょう!

 

施術スタート!


1. まずは波がさざめく個室で頭皮をほぐすシャンプーをしまして

2. 次にダメージを減らし予防する、髪質改善テラヘルツミストをして

3. 髪全体にトリートメントをたっぷり塗ります

4. しっかり浸透させるため30分ほど置きますので、マッサージクッションやフットマッサージでのんび〜りして頂きます

5. 一度シャンプー台でジャバジャバ流して、ドライヤー型美容機器で髪を完全に乾かします

6. そして、きめ細かくストレートアイロンで180℃の熱を入れていきます

7. 次に、良い状態を定着させるトリートメントを塗り、流します

8. で、最後にチョキチョキっとカットをして完成です!

乾かしただけ、めっちゃ良いー!

 

ビフォーアフター


情熱大陸かプロフェッショナル仕事の流儀か劇的ビフォーアフターのBGMを脳内再生してご覧ください(笑)お願いします!

 

とっても素敵に仕上がりましたね!

あと、できれば髪の黄色味を抑えるように、少し青みがかったアッシュなんかをヘアカラーしてあげるとパーフェクトです!

「あえてハイライト入れてる」感じになりますよ

そんなに頻繁にカラーする必要はなく、たまーに気になったタイミングで補正してあげるくらいで十分です

それだけで見え方や印象がグッと変わるんです

 

お悩みウェルカムです


Pelodiasでは、すべてのお悩みに答えをご用意しております

今回は「加齢によるパサつき」「湿気による拡がり」「白髪を活かす」を解決させて頂きました

お悩みが多いほど、難しいほど、燃えます!(2回目)

いままで解決できなかったお悩みをお待ちしております

 

それにしても、やっぱりショートは「ななめ45°」が大切だと思いますね

ご自身では、鏡を見た時の正面の印象を大切にしがちです(もちろん大事!)

ですが、その他すべての人は360°から見ることの方が多いわけです

なので

正面の仕上がりが良いとリピーターが増えて

「ななめ45°」のカットがキマるとご紹介が増えるのです

 

 

 

 

ぜひFaceBookでフォローしてください!