【本日のお客様】伸ばし中だけど、まとまらない

  • Posted on
  • Category : 施術事例

こんにちは!奥沢と緑が丘と自由が丘の間にある”1対1のマンツーマン対応で美髪へ導く”パーソナルヘアサロン Pelodiasの嶋田 篤士です!

【本日のお客様】伸ばし中だけど、まとまらない

今日お越し頂いたのはPelodiasのWebサイトのデザインをしてくれているデザイナーの成田さんです

この1年くらいずっと髪を伸ばしていて、なんと6ヶ月ぶりのカットということが判明!

シマダの「毛先だけでも整えた方がいいよ」という声を、強い意志でスルーしてきました( ´艸`)

とはいえ、もともと髪のクセが強く、まとまりづらい髪質なのでメンテナンスやヘアケアはしっかりとしてくれています

その甲斐もありカットをせずとも、騙しだまし伸ばしてこれました

「伸びたなぁ〜。前髪も短くて、ショートボブだったのです」

 

しかし!限界がおとずれました

成田さん「もう〜限界!いっそショートボブに切ろうかな」

シマダ「あきらめたらイカンよ。ほら、ここのエリのびろーんてした所を切れば、扱いやすくなるよ」

伸ばし中の人には、わりとはげまして背中を押すタイプのシマダです(´ー+`)

 

伸ばし中でもカットをした方がイイ理由

シマダは伸ばし中でもカットをした方がイイと思います

シマダが考える「カット」というのはとても繊細で精密なものです

↓こちらの毛先をご覧ください

毛先のラインがバラバラになっています

これではまとまりません

 

カット後の毛先

カットをした後はこのように真っ直ぐなラインになります

これがカットしたての髪の状態です

 

髪は短い方から長い方へ流れる

髪の毛の性質として「短い毛」から「長い毛」の方に流れるという法則があります

下図のように前(顔側)が短くて、後ろが長く設計されていたら

「かき上げる前髪」や「サーファーヘア」のように後ろに流れます

 

反乱分子がいるとまとまらない

ところが、真ん中に「びろーんと長い毛」がいたらどうでしょう?

この「反乱分子」で髪の流れが分断されてしまいます

「矢印」の毛流れ方向が3つに分かれ、髪はどっちにいったらいいのか分からなくなって、まとまらなくなってしまいます

 

人の髪はバラバラに伸びてくる

動物の場合は「毛変わり」といって、季節に応じて一斉に抜けて、一斉に生えたりするのですが

人の場合そうもいかないので、「毛変わり」は毛穴ごとに設定されています

毛穴ごとに髪が伸びたり抜けたりするので、毛束を引き出してみても毛先はバラバラになってきます

先述のとおり、カットラインというのは緻密なものなので、わずかな乱れが「まとまりづらさ」に繋がります

ということで、髪を伸ばしている場合でも、毛先のカットラインの乱れを整えた方がイイとシマダは思います

「あ、成田さんにはここまで詳しく解説できていないかも、、、?ごめんね」

 

そんなわけで完成!

全体の長さは、極力切らずにカットラインの乱れを整えました

エリのびろ〜んを切ったので、やや前下がりのボブになりました

「やわらかく」かつ「しっかり」としたラインは成田さんにピッタリです!

 

後ろからがキレイ

ショートやボブを切る時は「後ろ」や「ななめ後ろ」から客観的に見たシルエットを大切にデザインします

ご本人は日常でカガミを見た時の「正面」しか見えませんが

ご本人以外の全ての人は正面よりもむしろ「後ろ」や「ななめ後ろ」から見ることが圧倒的に多いからです

↓この積み重ねたグラデーションの丸みがたまらんなぁ、、、(´∀`*)

 

《ビフォー》→《アフター》

【本日のメニュー】

伸ばし中の「まとまらない」を解消カット  7560円

 

成田さん、いつもありがとうございます!

カットだけでまとまってしまい、アイロントリートメントできなくてごめんね(笑)

また来年の梅雨時に必要であればオススメします!

成田さんに「自画自賛美容師」とタグ付けされるシマダでした(笑)

だってイイ感じに切れると嬉しいんですもん、、(ノ∀`)タハー

 

「伸ばし中だから切りたくないけど、まとまらない」という方は、ぜひご相談くださいね!

ご予約は下のLINEかpelodias.hair@gmail.comからお願い致します!

ぜひFaceBookでフォローしてください!