2018年最後のブログ

  • Posted on
  • Category : お店について 雑談

こんにちは!奥沢と緑が丘と自由が丘の間にある”1対1のマンツーマン対応で美髪へ導く”パーソナルヘアサロン Pelodiasの嶋田 篤士です!

 

仕事納め.2018


2018年は12月30日を持ちまして営業納めとさせて頂きました

変わらずリピートしてくださる常連様

新たなるご縁でお越し頂いたご新規様

今年も1年間、本当にありがとうございました!

振り返ってみれば2018年の美容界は実にイノベーションに満ちた1年でした

今までず〜っと解決できなかったことが、いくつも解決できるようになったのです

少しだけまとめてみたいと思います!

 

4位 追随を許さぬ BEST of 育毛剤「トリファジック プログレッシヴトリートメント」


フランスの頭皮改善ブランド「RENE FURTERER」のスキャルプエッセンスが大きくリニューアルしました

60年の歴史の中で幾度となくバージョンアップしてきた名作「トリファジック」

薄毛や細毛のすべての原因に統括的にアプローチが可能!

ロレアル社が2018年にリリースした最新の育毛剤の3ヶ月使用後の増毛評価本数が平均3300本なのに対し、トリファジックの平均増加本数は「7490本」

老若男女問わずオススメできる育毛剤で、ぼくはこれ以上のものを知りません

ちなみにリニューアル前は「4583本」でした

 

3位 ぐっばいアホ毛「ポイントケアスティック」


これはつい先日もブログに書かせて頂きました通称「アホ毛スティック」

このアホ毛というのはなかなかやっかいで、悩まれている方は少なくないのに、対策がイマイチありませんでした

ポイントケアスティックは手も汚さずにササっとキレイにできるので、キレイに対する時間パフォーマンスが抜群です

効率的にキレイになりたい方へオススメ!

 

2位 奇跡の一滴「オラプレックス」


「髪が傷む」というのは、髪内部のタンパク質が流出してしまうということ

「だったら流出しないようにくっつけちゃえばいいじゃん」

という発想で毛髪内部の補強を目的としたトリートメントがオラプレックスです

ただ脂質を埋めこむだけの従来型トリートメントとは全く異なり、タンパク質同士を接着することで流出しづらくすることから、次世代型トリートメントと言われています

「予防」に重きを置くPelodiasとして、これは非常に有益なのでヘアカラーに組み込んでいます

最近では縮毛矯正やデジタルパーマにも組み込むと仕上がりがバツグンと分かり、こっそり配合

メーカーの方に「うちはお値段据え置きで、こっそり配合してるんですよ」と言ったところ

「何やってるんですか!」と呆れられてしまいました(普通3000円くらいプラスする)

ともかく奇跡の一滴をご堪能ください

 

1位 もうかゆくならない安心感「カラーデトックス」


ヘアカラーのトラブルというのは大きく2つに分けられます(技術以外)

「しみる」と「かゆい」です

カラー剤を頭皮につけるとヒリヒリして「しみる」ことに関してはヘアカラー剤の品質や、頭皮の保護(オイルなど)により解決が可能でした

しかし、美容室でカラーをしてる時は何ともないのに、帰宅してから3日間くらい「かゆい」

長いと1〜2週間くらい、かゆくてたまらない!

この「かゆい」というジアミンアレルギーに関しては解決方法が一切ありませんでした

ジアミンの中でも毒性が高いとされるパラフェニレンジアミンは近年では2,5-ジアミノトルエンなどに置き換わってきていて、「業界初ジアミンフリー」だとか「オーガニックだから安心」だとか言ってしまう美容師さんも少なくないのですが、、、

ジアミンはジアミン。ダメ、絶対!

 

そんな中、本年にリリースされた処理剤が「カラーデトックス」です

カラー施術後、シャンプー前に頭皮に揉み込むことで、ジアミンを分解する作用があります

実際に「かゆく」なってしまうお客様に使用すると、50%の方が全くかゆくならない!

残り50%の方は2週間かゆかったのが3日になり、かゆさレベルが100→30くらいになるとのこと

何を隠そうシマダ自身も中度のジアミンアレルギーなのですが、5〜6年ぶりにヘアカラーを楽しんでおります

ありがとうカラーデトックス!

 

2019年はどんな新製品が出てくるのでしょう?本当に楽しみです!

ちなみに今わかっている事としては、主力メーカー各社がこぞって「オイルカラー」という、オイルが配合されたヘアカラー剤をリリースするということ

ロレアル社が注目されてますが、ぼくはサンコール社が気になっていますね、ちなみに。

 

2019年のマニフェスト


最後に2019年のお客様への約束を掲げます

 

1.お店のドアを直します

Pelodiasの入り口のドアは鉄芯などなく、すべて天然の木でできています

なので湿度の影響を全力で受け止めてしまうため、梅雨はカギが閉まりづらくなり、冬はドアの開け閉めがしづらくなってしまいます

とくにここ2ヶ月ほど、お客様がいらっしゃった時にドアがガガガッ!となってしまい、申し訳ありませんでした

すでに施工予定は決まってますが、工期の関係上2019年中頃となってしまいます

生まれ変わったドアをどうかお楽しみに!(誰も興味ないでしょうけど、笑)

 

2.お客様の声をもっとお伺いします

常に四六時中、もっとお客様に喜んで頂けることはないか?もっと良いお店にできないか?なにか改善するところはないか?本当にないのか?本当に本当に今のままでいいのか?

と、自問自答を繰り返す日々なのですが、やはり一人でお店をやっていることもあったり、どうしたってサービス提供側の凝り固まった視点でしか物事を捉えられなかったり、、、

なので、お客様のご意見を聞かせてください

どんな些細なことでもかまいません

むしろ細かければ細かいほど、ありがたいです

少数意見ほど磨くと光るのです

いままでの美容室で良かったことや感動したこと、レストランやスイートルームでもファーストクラスでも立ち飲み屋でもかまいません

「もっとこうした方がいいのでは?」「こういうのはどう?」というお声をお待ちしています(待たずにお伺いもします)

Pelodiasをより良くしていくのは、育てていくのは、お客様ご自身でもあるのです

一緒に歩みましょう!

 

3.数字にならない価値を高める

指名客数やリピート率、クーポン価格や駅からの徒歩時間まで、数字で価値を訴求する美容室ばかり散見します(「数字」ばかりなのは美容室に限らずですが)

この数字というのは、とても便利で大切なのは間違いありません

しかし「数字で表すことができないこと」の方がもっと大切だと、ぼくは思うのです

例えば、誰かを愛する気持ちは数字化できません

例えば、居心地や安心感を数字で表すことはできません

分かりやすい数字を追いかけるのではなく、ぼくは数字の外側を駆け回りたい

数字の外側は無限です

 

2018年、本当にお世話になりました

2019年、皆様の光さす日々が続く一助となることをお約束します

 

皆様、良いお年を!(残り少ない今年を大切に過ごし、素晴らしい新年をお迎えください!)

 

 

 

2019年は1月6日(日)からの営業となります

正月休み中もご予約はWEB予約、LINE予約ともにいつでも受け付けております

 

 

 

ぜひFaceBookでフォローしてください!