「ルネフルトレール」の製品作りがマジメすぎて、逆に感動した件

  • Posted on
  • Category : 雑談

こんにちは!奥沢と緑が丘と自由が丘の間にある”1対1のマンツーマン対応で美髪へ導く”パーソナルヘアサロン Pelodiasの嶋田 篤士です!

 

ルネフルトレールがマジメすぎる件


フランスで60年続く自然派ブランド「RENE FURTERER」

ハーブ、植物による伝統的な部分と、先端製薬会社による先進的な部分が融合するハイブリッドなブランドです

こんな魅力的なブランド、他にありませんよ!

そんなルネフルトレールから、前代未聞の大問題が報告されました

ところが、そんな大マイナスも、プラスに感じてしまうような出来事がありましたので、ここにご報告致します

 

「コンプレックス5」が販売停止


ルネフルトレールのスター製品でもあり、ルネの社員さんの実際の使用率99%(シマダ調べ)な「コンプレックス5」

週に2回、シャンプー前の頭皮につけるオイルで、頭皮を健やかに整え、美髪を育む土台を作ります

ブランド創設60年来、処方が変わらず、愛され続ける名品が販売停止、、だと、、、?

 

原材料が調達できない


「コンプレックス5」につきまして、この度、ピエールファーブル社の基準を満たす品質の原材料が調達できず、十分な生産量が確保できないことが判明いたしました。

これ、普通に読むと「なにやっとんねん」て感じなんですが、どうやら「ピエールファーブル社の基準」が高すぎるらしいんです

 

ピエールファーブル社の基準


高品質な植物成分は環境への最大限の配慮(ISO 14001認証取得)を背景に、「ボタニカル エクスパタイズ ピエールファーブル」の認証プロセスを厳守。植物の保全、保証、尊敬、革新に責任をもった姿勢でつくられています。” 公式ページより

この「ボタニカル エクスパタイズ ピエールファーブル」という自社基準が、とんでもなく高いらしく、エコサートの認証を通った原材料ですら、はじかれてしまうレベルだそうです

※ECO CERTとは…1991年、フランスに設立されたオーガニック認証機関で、いまやオーガニック認証の世界基準ともいわれてます

なのでよくお客様に「ルネはオーガニックなんですか?」とご質問を頂くのですが

「『ルネフルトレール製』というのが『オーガニック認証』ということよりも、高品質な証明なのです」とお伝えしております

抗がん剤とか作ってるフランスを代表する世界的な製薬会社ですからね

コンプレックス5

 

看板商品を6ヶ月間自主規制


ルネの経営目線で考えると、売上収益の柱でもある「コンプレックス5」を6ヶ月間も販売停止なんてキツすぎですよね!

多少の規制緩和をして、代替原材料を調達する選択肢もあったのではないでしょうか?

でも、あくまで自社基準を順守し、納得のいく原材料を確保できるまで、自主的に販売停止することを選んだんですね

昨今の日本にあふれる「偽装問題」とは一線を画した企業スピリットを感じます

マジメかッ!

背景を知ると、この意思決定にはむしろ好感を抱いてしまいます

 

対策済みです


で、Pelodiasは大丈夫なの?

コンプレックス5はヘッドスパでも必須のアイテムなんです

まさかヘッドスパができなくなっちゃうの?

心配ございません!

じつはルネからこの通知を頂く前に、すでに対策済みです

なんでしょうね、野生の勘ってやつですかね(笑)( ´∀`)ははははは

2018年6月の再販売まで、十分なストックを確保しているので、ご遠慮なくヘッドスパをご堪能ください^^

世の中、いろいろな事がありますけれど、角度を変えて見ると、また違った見え方があるものですね

ルネのように実直に、信頼を重ねていきたいと思うシマダでした

P.S.おかげさまですくすくな詠斗くんです

 

ぜひFaceBookでフォローしてください!