「ジョイントコーク」で壁紙の隙間・繋ぎ目を補修してみた!

  • Posted on
  • Category : お店について 雑談

こんにちは!奥沢と緑が丘と自由が丘の間にある”1対1のマンツーマン対応で美髪へ導く”パーソナルヘアサロン Pelodiasの嶋田 篤士です!

 

壁紙に隙間が…


いつもどおりのPelodias店内

今日も平常運転です

 

ずん!

 

ずずん!

 

あらら…(^_^;)

 

ジョイントコーク・A


2017年4月1日にPelodiasをオープンして、半年ほど経った頃でしょうか

カドが割れてきたのです

最初は気のせいかと思ったのですが、だんだん隙間が大きくなってきて

隙間収納として有効活用できないものか、試行錯誤してみたものの(笑)

何も収納できる気配がないので、塞ぐことに全会一致で可決!(独りですけどね)

Pelodiasのデザイン設計をしてくれた友人に、忘年会で教えてもらった「コーキング材」とやらをゲット!

その名も「ジョイントコーク」

なんかカワイイと思いましたか?

 

デカすぎるジョイントコーク


「コーク」ってなんだろう?

「コーク」を「ジョイント」するであろうことは想像に容易いが、「コーク」が「コカコーラ」でないことも想像に容易い

でもコカコーラも人と人をジョイントするから「ジョイントコーク」といえるかもしれない

〜歴代で1番好きなコカコーラのCM〜←YouTubeに飛びます

 

そんなことよりお伝えしたいことがあります!

それは、このジョイントコークが想像よりはるかに巨大ということです!

コーラとコーラをジョイントしてる場合じゃないくらい巨大!

まだカワイイと思ってますか?

 

macbookと比較した方が伝わりますでしょうか

デッカ!!!

信号機を間近で見たら、思ってるより大きかった感じと似てます

 

超・カンタン補修!


ジョイントコークのあまりの巨大さに、途方に暮れつつ、隙間に注入して濡れ雑巾で拭き取ってみると、、、

めっちゃキレイ!!!(゚∀゚)

「なんということでしょう〜」が脳内を駆け巡ります

これぞ劇的ビフォーアフター!

 

隙間をコーキングする快感を得てしまったシマダは、その後、隙間という隙間を埋めたのは言うまでもありません

もう「コーキングの魔術師」と呼んでください

隙間を埋めるたびに「これくらいカンタンに髪のダメージも補修できたらいいのに」と思いましたが

どちらかというとシマダはそっちの「匠」でした

なんということでしょう

 

シャンプー台のアレ


もうひとつメンテナンスしたものがあるのです

それはコレ!

この写真でピンときた方、先着1名にジョイントコークをプレゼント!(残り95%)

 

これはシャンプー台のまくらなんです

じつはこんなふうになってます

首を3点で支えるので、長時間のシャンプーやヘッドスパでも、身体・首に負担なく受けられます

新品はクッション性が高いです!

以前に増して、より快適になりましたので、そんなところもお楽しみくださいませ

ちなみにこれ、そのクッション性の高さから「おっぱい」と呼ばれているとかいないとか

、、、

え?そんな呼び方してる美容師はシマダだけですって?

、、、

なんということでしょう〜!

 

 

 

 

《レターポットはじめました。お手紙お待ちしております!》

嶋田 篤士のレターポットはこちら

ぜひFaceBookでフォローしてください!