【ヘアドネーション】お預かりした髪の行方「自分で送りたい方へのHow to」

  • Posted on
  • Category : コラム

こんにちは!奥沢と緑が丘と自由が丘の間にある”1対1のマンツーマン対応で美髪へ導く”パーソナルヘアサロン Pelodiasの嶋田 篤士です!

【ヘアドネーション】お預かりした髪の行方「自分で送りたい方へのHow to」

ヘアドネーションにご協力頂いた皆さま、ありがとうございました!

ヘアドネーションとは?はコチラ→【ヘアドネーション】バッサリ切った髪を寄付?!

タカハシさん

ミズシマさん

ミウラさん

 

お預かりした髪の行方

今日はお預かりした髪がその後どうなっているのか?

シマダ、ちゃんと送ってるの?

はたまた「自分で髪の毛を送りたい」場合の送り方を解説していきます!

※ヘアドネーション賛同サロンであれば、切った髪をそのまま預けて、美容室が送ってくれると思うのですが

賛同サロンではなく、いつもの美容室で切ってもらって、自分で送ることもできます

 

お預かりした毛束

ゴムでまとめ、乾いた状態で切った髪の毛を用意します

少しでも濡れていると、カビ菌が発生してしまうため、必ず完全に乾いた状態でカットしなければなりません

カビ菌こわいす (;´Д`)

 

ヘアドナーシートの記入

JHD&CのWebサイトからヘアドナーシートを、おもむろにプリントアウトします

こちらに「髪の毛の主の情報」と「髪の毛の状態」を記入

・バージンヘアですか?

・ヘアカラーをしてますか?

・白髪染めをしてますか?

・パーマをしてますか?

などの質問に答えるだけなので、難しくはないと思いますが

「ヘアカラー」はしてるけど「白髪染め」なのかな?

「ストレートパーマ」か「縮毛矯正」か分からない…

とかはお客様だとありそう。

分からなければ「分からない」で大丈夫ですよ!

 

返信用の封筒を用意

※こちらはオプションなので、やらなくても大丈夫です

用意するとJHD&Cからの「お礼状」が届きます

「長型3号か洋型2号の封筒」に「82円分の切手を貼る」「お客様の住所を書く」「裏にJHD&Cの住所を書く」

そして髪に同封!

お客様自身から「お礼状欲しいんで、お願いします」と美容室に言いづらいかと思うので、Pelodiasでは何にも言わず勝手に同封しています

(・`ω´・)「時には強引なところも見せねばなりませぬ」

ヘアドネーション賛同サロンでも同封してくれるかはお店次第かと思うので、GETしたい方は確認するか、お願いした方が確実ですよ

(*´∀`)「切手は季節感がでるものをチョイスするのがひそかな愉しみ」

 

JHD&Cに送る

「髪の毛」「ヘアドナーシート」(「返信用封筒」)をジップ袋に入れます

それをどんな方法でもよいのでJHD&Cへ送ればミッションクリア!

※着払いだけはNGです!受取拒否されてしまうので…

それと簡易包装でお願いしますとのこと

いくら大事な髪とはいえアタッシュケースで送っちゃダメですからね〜

 

いざポストティング!

Pelodiasは3歩でポストがあるので、かな〜り助かっております!

(ジャイアント白田さんなら1歩でイケるかも説)

左手は添えるだけ。そっと押しだします。

( ´・ω・)「いつも右か左、どっちに入れたらいいのか迷うんだよなぁ、、、今回は右にしてみよう、、、」

 

以上でミッション完了!

ヘアドネーションにご協力頂いた皆さま、ありがとうございました!

31cm以上の髪は直接「医療用ウィッグ」に

31cm未満の髪は間接的に「医療用ウィッグの制作費」に

必ずや、キッズたちの未来を明るくすることでしょう!

「美しい人は行動も美しい」

 

誰かの笑顔に繋がりますように!シマダでした!

 

 

ヘアドネーションをご希望の方へ

自由が丘エリアでドネーションサロンをお探しの方はぜひPelodiasにお越しくださいませ

・1対1のパーソナル対応でしっかりとご要望をお伺いし、丁寧にカットさせて頂きます

・プライベートサロンなので、人目を気にせず過ごせます

ご予約はLINE予約がオススメです!

その他、WEB予約やMail予約(mail@pelodias.com)も承っております

お電話はめったに出られませんので、ご容赦くださいませm(_ _)m

ぜひFaceBookでフォローしてください!