「担当の美容師が独立」引き継ぎに紹介された人以外を指名してもいいの?

  • Posted on
  • Category : コラム

こんにちは!奥沢と緑が丘と自由が丘の間にある”1対1のマンツーマン対応で美髪へ導く”パーソナルヘアサロン Pelodiasの嶋田 篤士です!

 

友人とのランチでのこと


ぼくはピザを食べていた

やたら薄めのピザを4枚たいらげた

その日、うちのワイフと、その友人女性と、イタリアンのランチビュッフェに来ていた

たしか5枚目に取り掛かった時、友人がこう言った

友人「ずっと担当してもらってた美容師さんが独立しちゃったんだよね」

シマダ「そうなんだ!」

友人「お店から手紙が来て、新しい担当に引き継ぎますって紹介されたんだけど、正直紹介された人じゃなくて、他のスタイリストを指名しようと思ってたんだよね。それってマズイよね?」

シマダ「いやいや、全然そんなことないよ。お店としては担当に関わらず、今後も来てほしいのが本音だと思うよ」

友人「そうなのかぁ。でもその担当にしか情報が引き継がれないのかなって」

シマダ「さすがにそれはないと思うよ。だいたいカルテに施術内容が記録してあって、店のスタッフで共有できるはずだから」

友人「そっかぁ!そうしてみようかな」

ワイフ「お客さん側って、そういうとこ惑わされるよね〜」

 

付いていかないの?


追加で3枚のピザをピックアップし、席に戻るなり、ずっと気になっていたことを聞いてみた

シマダ「ところで、独立した美容師さんには着いていかないの?」

友人「いやー、ちょっと遠くなってしまって、、、私は仕事終わりにサクッと行きたいからなぁ」

シマダ「そっかそっか、そういうものだよね」

ワイフ「近いって、けっこう大事だよ」

この時、ぼくは言いたかった想いを、7枚目のピザと一緒に飲み込んだ

「独立した美容師は、あなたを待ってるんだよ」

もちろん売上の確保は死活問題だ。まさに生きるか死ぬか。

とくに半年から1年は支援してあげてほしい

だけど実際には、そんなこと吹っ飛んでしまうほど「めちゃ嬉しい」んです

慣れない土地の慣れない人たちの中、馴染みの顔に会えただけで、心からホッと安心するんですよね

ぼくも何度救われたことか、本当にありがとうございます m(_ _)m

でも「近いって、けっこう大事だよ」なのは間違いないし、お客様には選ぶ権利がある

距離とか関係無く してしまうくらいの魅力的な人(美容師)でなくてはならない

そのために常日頃から磨いていかなければ、、、

ワイフ「これ食べる?」(デザート的な甘いピザ)

シマダ「いや、いらない」

いつの間にか自分に置き換えて、心を引き締めていたところ、デザートピザで現実に無事帰還した

 

 

わざわざ来る価値がある


以前、お客様にこんなことを聞かれました

お客様「ここのお店は近所の人が多いんですか?」

シマダ「そうですね…半分くらいはご近所様ですけど、意外と遠くからも来てくださるんですよ」

お客様「ここはそうでしょうね。『乾かすだけで』っていう強い特徴があるからね」

なんだか嬉しかったんですが、同時に遠くから来てくださるお客様の顔がたくさん浮かんだ

電車に乗って沿線上から、あるいは他県から1時間以上かけて、はたまた2回3回と乗り換えてまで

あの人も、あの人も

飛行機に乗ってきてくださる方もいらっしゃるし、海外から帰国した時に必ず来てくださる方も

あの人も、あの人も

近くから、遠くから、わざわざ来てくださるお客様がいる

これは紛れもなく、ぼくの自慢です

学歴でも預金額でもなく、家でも車でもなく。

 

 

 

 

《レターポットはじめました。お手紙お待ちしております!》

嶋田 篤士のレターポットはこちら

ぜひFaceBookでフォローしてください!