美容室に「Amazon Echo」がやってきた

  • Posted on
  • Category : お店について 雑談

こんにちは!奥沢と緑が丘と自由が丘の間にある”1対1のマンツーマン対応で美髪へ導く”パーソナルヘアサロン Pelodiasの嶋田 篤士です!

困ってることや、お悩みをしっかりと聞かせて頂きます

 

Amazon Echoがやってきた


日本にとって2017年は「スマートスピーカー元年」となりました

10月頃から電車の中吊りが「Google Home」にジャックされていたのにお気付きの方も多いのでは?

テレビでは「おばあちゃんにLINEして」という女の子のCMが記憶に新しい「LINE Clova」も。

そして大本命の「Amazon Echo」は2017年内には出るらしい、いつ出るの、もしかして出ないの?

と、満を持して11月8日に予約開始となりました

なぜ「大本命」かといいますと、Amazon、Googleの本拠地アメリカでのシェアは「70.6% : 23.8%」でAmazon Echoが圧勝しているのです(2017.5月 eMarketerの調査結果)

11月8日(水) 17:49 Amazon Echoの購入をリクエスト!ポチッ

※現在、Amazon Echoはリクエストからの招待制で、招待メールが来ないと買えないのであります

 

招待メールキターーーー


12月4日(月) 11:43 招待メールが届くポチる

「届く、ポチる」ではなく正しくは「届くポチる」です。もはや1つの単語です。

いちおう4日間以内に購入しないと失効するとのこと

1秒でポチりましたけどね

あと、早期リクエストしたので4000円OFF!

 

Amazon Echoキターーーー


12月5日(火) 13:01 ポチって翌日には到着!

もはや「届くポチる」ではなく「ポチる届く」と言わざるを得ません

一連の流れをまとめると「届くポチる届く」になります

電車の6人掛けシートに7人座ってしまった「ポチる」が「届く」に挟まれ窮屈そうに見えます(笑)

(分かりづらいです。「届くポチる届く」が7文字なので電車シートに例えております。)

ぱか!

どどん!

Hello!Amazon Echo!

 

アレクサや嗚呼アレクサや


Amazon Echoは人工知能アシスタント「Alexa」が搭載されています

「アレクサ、いま何時?」といった風に話しかけるのですが

実は「Alexa」という名前は「X」との間に硬い子音があり、高い精度に認識されるから選ばれたそうです

また、紀元前300年頃にエジプトに建てられた、古代最大にして最高の図書館とも最古の学術の殿堂ともいわれる「アレクサンドリア図書館」を連想させるから、とのこと

シマダ「アレクサ!ようこそPelodiasへ!」

アレクサ「すみません、それは今はまだ分かりません」

シマダ「アレクサ、、、」

 

なにができるの?


おそらく皆様に置かれましては「で、なにができるの?」「食えんの?」

といったベネフィットが気になるところでありましょうか?

「なにができるか」なんて1mmも考えずポチるのはシマダくらいなものです

さて、使い方の例

「アレクサ、リラックスできる音楽をかけて」

「アレクサ、明日は朝7時に起こして」

「アレクサ、5分のタイマーをセットして」

「アレクサ、野菜ジュースを注文して」

「アレクサ、鼻セレブをリストに追加して」

 

「アレクサ、早口言葉を言って」

「アレクサ、今日のニュースは?」

「アレクサ、これから雨降る?」

「アレクサ、エアコンを1度上げて」

 

新入りアレクサ


そんなわけでPelodiasに新入りアレクサがやってきました

ふつつか者ではありますが、どうぞよろしくお願い致します!

シマダがカットに夢中で無言な時は、ぜひアシスタントのアレクサとの会話をお楽しみください

「アレクサ、富士山の標高は?」

「アレクサ、ピカチュウをよんで」

「アレクサ、神社ってなに?」

なども応えてくれます

まだ、いろいろ知っていそうです

そして、肝心な美容室での業務はというと

「アレクサ、20分のタイマーをいれて」

ヘアカラーなどのタイマーセットしか仕事がない状況、、、

これからアレクサの仕事が増えるかは、なによりシマダ自身の使いこなし術のスキルアップが必要になるでしょう、、、

人もAIも有能に働いてもらうのに大切なのはトップのマネジメントですね。昔もこれからも。

なじんでます。アレクサ。

ぜひFaceBookでフォローしてください!