頭皮が荒れたりフケがでる時は【シャンプーを変えないべき!】

  • Posted on
  • Category : コラム

こんにちは!奥沢と緑が丘と自由が丘の間にある”1対1のマンツーマン対応で美髪へ導く”パーソナルヘアサロン Pelodiasの嶋田 篤士です!

 

頭皮のトラブルが増えている


この秋から冬にかけて、例年になく頭皮のご相談をお受けします

とくにフケのお悩みが多く、皮膚科にかかっても改善されず、お困りの方もいらっしゃいます

そんなお客様のカウンセリングをしていて、気になることがありますので、今日はそのお話しをさせて頂きます

フケの原因や対策についてお求めの方は、以前からブログに書いていますので、ブログ内検索で「フケ」とお調べ頂ければと思います

 

シャンプーを変える人が多い


頭皮にトラブルを抱えてるお客様のカウンセリングをしていると、なぜか皆さんシャンプーをお求めになるんです

「なにかオススメのシャンプーってありますか?」

「いろいろとシャンプーを試したんですが、改善しなくて…」

頭皮が荒れたり、フケが出てしまうと、まずシャンプーを変える方が多いのです!

シマダはこれをオススメしません

「変化」に「変化」を重ねてしまうからです

 

変化×変化


ぼくは頭皮の荒れやフケの原因を、カウンセリングで一緒に考えます

そのために頭皮の現状をチェックできるマイクロスコープも導入しました

でも原因がハッキリするケースもあれば、分からないケースも多いです

ただ、ひとつ言えるのは「ずっと使っていたシャンプーがある日突然、急に合わなくなる」ことは考えづらいということ

真の原因は他の「変化」にあるのではないでしょうか?

たとえば「気温の変化」「生活習慣の変化」「環境の変化」「ストレスの変化」「食生活の変化」などなど

頭皮の健康を害するほどの何かが変化しているのに、さらに「ずっと使っていたシャンプーを変える」という変化を重ねてしまう

より健康を害するリスクがあるように思うのです

変化の原因が何なのかを複雑にしてしまいませんか?

 

ピンチの時こそ冷静に


頭皮のトラブルで焦ってしまうのは仕方ありませんが、こういう時こそ、どうか冷静に!

まずはご自身に何か「変化」がなかったか考えましょう(半年以内で)

思い当たることから1つずつ戻して様子をみてください

シャンプーを変えるのは、それからでも遅くありませんよ

 

シャンプー選びはシビア


Pelodiasの製品にもいくつかの選択肢がありますが、どのアプローチがベストかは、お客様によって症状や原因がそれぞれなので、実際に拝見しないと分からないんです

〜炎症を起こしているのか、乾燥性なのか脂性なのか、全体的なのか局所的なのか

いつからなのか、どの季節なのか、繰り返すのか

頭皮だけなのか、肌もなのか、身体もなのか〜

これらを見極めることが大切で、アプローチも様々なケースがあります

炎症を先に鎮めてから、保湿するケース

局所的な乾燥に対処してから、敏感肌用に切り替えるケース

春夏は皮脂を抑え、秋冬は保湿を徹底するケース

などなどお客様に応じて、異なってきます

なので安易にシャンプーを変えるべきではないと思うのです

 

必ず専門家に相談すべき


フケが出てしまって困ったら、まず「頭皮 フケ」や「フケ 原因」などググりますよね?

すると、それらしきページがズラーっと出てくるので、いくつか見ると思うのです

それっぽいことが書いてあり、最後におすすめシャンプーが紹介されているので、ついポチったり。

ところで、その記事は誰が書いているのでしょうか?

皮膚科医ですか?美容師ですか?頭皮の専門家ですか?

毎日、現場に立つ「髪と頭皮の専門家」のシマダが、そのページを拝見するとすぐに分かるんです

「これは専門家が書いたものではないな」って。

顔も名前も所属も明かされない情報に信頼性はあるのでしょうか?

それらを誰かがまとめたサイトも同様ですよ

事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で〜以下略〜

 

11月と1月に増える傾向


下記のグラフはGoogleで「頭皮 フケ」と検索された、過去1年間のボリュームグラフです

1年間のトータル検索数はなんと518400回!

こんなにお悩みの方が多いんですね…(´;ω;`)ウッ…

そして特筆すべきは「11月」と「1月」は検索数がハネ上がるということ

今月、ご相談が増えることをGoogleが教えてくれています

寒さと乾燥の「変化」がやってくるのはこれからです

 

 

ぜひFaceBookでフォローしてください!