もうすぐ1周年!「感謝の気持ち」を届けます!

  • Posted on
  • Category : 開業日記 雑談

こんにちは!奥沢と緑が丘と自由が丘の間にある”1対1のマンツーマン対応で美髪へ導く”パーソナルヘアサロン Pelodiasの嶋田 篤士です!

 

もうすぐ1周年


2018年4月1日にPelodiasは1周年を迎えさせて頂きます。

この1年間、Pelodiasを支えてくださった皆様に、、、って

まだ1周年経ってないのに気が早いですね(笑)マジメか!

ブログネタにと過去の写真を漁っていたら、こんなのを見つけました。

ちょうど1年前の今日、海外からカガミが届いたんです。

 

そしてワタクシ自ら、プロフェッショナル用の電動ドライバー(めちゃ重)でカガミを設置したのです。

カガミは、船便で送られてくるとか、生産状況がとかで、オープン日に間に合わない疑惑が浮上していたので、めちゃくちゃホッとしたのを思い出します ε-(*´ω`*) ホッ

 

そしてホッとしたのも束の間、カウンターのシンクから水漏れ発生でございます。

オープン準備ってそんなもんです(笑)

 

1周年記念のなにか


1周年記念の暁には、いつもお世話になっているお客様、関係者様、友人、家族へ、とめどない感謝の気持ちを伝えたいと思い、ず〜っとなにをすべきか、なにができるか、考えてきました。

ぼくにしかできないこと、Pelodiasだからできること。

なんだろう?

よくある「◯周年記念」の定番は「〇〇%OFF」とか「トリートメント無料サービス」とか。

でも果たしてPelodiasのお客様に「割引き(お金)」で感謝の気持ちを伝えられるのか?喜ぶのか?

あまり良いイメージがわかない。

 

あとは「◯周年パーティー」

1日限定でカフェやバーにしてしまおうか、楽しそうだ!

でも来れない人がいる。感謝の気持ちが届けられない人がでてしまう。それにみなさまのご都合もあるだろうに、貴重な時間を割いて足を運んで頂くのは忍びない。

混雑時のコンビニで公共料金の支払いだけ済ますくらい忍びない。

 

つぎに「◯周年記念グッズ」

手持ちできて、サコッシュ風に肩掛けもできて、中身落ちないようにクチが巾着になってるか、ボタンがついてるか、ちょうどいい感じのロゴ入りバッグを作ってみてはどうか。

でもモノはダメだ。限りある居住スペースの保管場所を奪ってしまう。捨てようにも捨てられない(だろう)

タモリさんは笑っていいとも!でゲストに頂いたプレゼントを、保管するためだけの部屋がいくつかあるらしい。

モノはダメだ。

なにより「ロゴ入り」とか自己満すぎる。エゴの押し付けは良くない。

新入社員への一気飲みの押し付けくらい良くない。

 

詰んだ…

藤井聡太くんばりの光速の寄せで詰んでしまった…

もうぼくの脳ミソでは、できることが思いつかない。

あふれる感謝の気持ちを伝えたいのに、うまく伝える術が思いつかない。

もどかしい気持ちばかりが積もっていく。

 

なので、ぼくは動かないことにした。

気持ちばかり先行して、ヘタに動くと空回りするのが世の常。

人とはぐれた時に、動かずにいれば良かったのに、かえって探しに行ってしまい、すれ違いになったことが誰しもあるはず。

ぼくは一歩たりとて動きません。

 

ということで、Pelodiasでは「1周年記念」で特に何もしません。

そのかわり感謝の気持ちを「言葉」でお届けします!

皆様のスペースも時間も奪うことはありません。

ぼくの時間を割き、手間をかけ、想いをこめた「言葉」でお伝えします。

割引でもなく、イベントでもなく、グッズでもなく「言葉」で。

「いつも本当にありが、、、」

おっと、まだ1周年経ってないんでした。

でも、感謝の気持ちはマジメです。

 

 

 

 

 

 

ぜひFaceBookでフォローしてください!