美容室でどうしたらイメージが伝わりやすいか?

  • Posted on
  • Category : コラム

こんにちは!乾かすだけで”美髪にキマる”を追求するプライベートヘアサロン Pelodiasの嶋田 篤士です!

今日は

美容室でどうしたらイメージが伝わりやすいか?

をお話しさせて頂きます!

今までたくさんのお客様のカウンセリングをさせて頂いてきて、思うのは

やりたいスタイルやイメージだったり、明確な希望がある方は少ない

という事です

あるいは

やりたいスタイルや希望があるのに、言えない

といった繊細なお気持ちがあるという事も理解しております

美容師としては「いつもと同じ感じで良いんだろうな」と感じとっていても、それをこちらから言ってしまうとお客様としては頷かざるを得ないわけです

なので毎回「今日はどうしますか?」とお尋ねするのです

お客様によっては毎回「今日はどうしますか?」と聞かれることにプレッシャーを感じたり、中には「すみません、何も考えてきてないんです…」と恐縮してしまう方もいらっしゃいます

お客様の希望がいつ出てくるかは分からないので、それでもなお毎回聞かざるを得ないのもご理解頂ければと存じます

少し話がそれました

美容室でどうしたらイメージが伝わりやすいか?

1.なりたいスタイルやイメージがある方

ヘアカタログの切り抜きや、ネットのヘアカタの写真を見せてくださいな

でも完璧にイメージ通りな写真が見つかれば良いのですが、なかなか見つからないですよね?

ポイントとしては、この写真のココ!こっちの写真のココ!みたいな感じでOKでございます

プラス、この写真のココはイヤだ!というNGポイントもあると、伝わりやすさ3割増し!!!

2.なりたいスタイルは明確ではないが希望がある方

例えば

・結べる長さは残したいけど、あとは分からない
・イメージは変えたいけど長さは変えたくない
・前髪を作りたいけど、どんなのが似合うか相談したい

などなど、こんな時はご希望な点をお好きなだけお話しください

そして、分からなかったりお任せな所無理せず丸投げしてください

さらに、これはNGな点も教えてください

希望とお任せとNGが分かれば、あとはこちらからご提案させて頂きますね

3.いつも通りで良い方

いつもの!」と一点の曇りもない感じでオーダーしてください

一点の曇りを感じてしまうと「本当はやりたい事があるんじゃないか?」とか「本当は飽きてきてて提案を待ってるんじゃないか?」などと勘ぐってしまい、余計な探りを入れてしまいます……!

4.本当はやりたいスタイルがあるのに言えない方、何となく飽きてきてるけど特に希望もないしいつも通りでいいか…の方

なるべく察することができるように努力はしていますが、至らぬ事もあります…

何でも話してくださいね!

「本当はやりたいスタイルがあるけど言えない」とか「何となく飽きてきたけど、かといってやりたいイメージがあるわけじゃない」

感じている事をそのまんま言ってくだされば全力で対応させて頂く所存でございます

「察してくれー」とかやめてくださいよ(笑)

恋愛も夫婦間も仕事も「察してほしい」が上手くいった試しがないですからね

スピリチュアルとかゼロなのでお願いします(笑)

まとめ

美容室でオーダーをする時にイメージを伝わりやすくするには

1.ヘアカタログの写真を見せる
2.希望とお任せとNGを伝える
3.思った事は何でも話してみよう

どんな些細なことでも力になりたいと思っておりますシマダでした!

 

お問い合わせ、先行予約、ブログのQ&Aの質問、こんな事聞いてみたい、その他何かございましたら下記へご連絡ください

嶋田 篤士 直通連絡先

E-Mail→mail@pelodias.com

LINE@→Pelodias(友達追加になりますので、そのまま普通にメッセージください)

Instagram→Pelodiashair

Twitter→Pelodiashair

Facebook→Pelodias

すぐにお返事差し上げますので、よろしくお願い致します^^

<<初めてご来店の方はこちらの特別価格>>

ぜひFaceBookでフォローしてください!